05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

暇人のイマジン

適当。良い加減。

イニシャルBの法則(続編) 

Beautiful Mango World
ビューティフルマンゴーワールド

さっき、考えたバンド名。
特に意味なし。
使うことも、使われることもない。
スポンサーサイト
雑記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

飽きた 

Kobazoという名前を使っている方もネット上にたくさんおり、且つ、自分としても少々飽きてきたのでちょっと変えてみた。

KOVAZO.

なんじゃそりゃ?
ま、しばらく。

ブログ名も変えた。
トラックバックの意味がイマイチわからないが、受付可にした。

さあ、どうだ?
雑記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

一人遊び 

近々演りそうなので、足下チェック。
(とりあえず通電するかレベル)←通電はした。



こんな感じでやってみよう。
ブースターは、micro ampにするつもりだったが、やはりSD-1にした。
音がどーこーじゃなく、踏みやすいから。
やっぱりBOSSって偉大。

ST-2はプリアンプ的な使用になるかと。
余程のことがない限りマーシャル(=真空管アンプ)は使わない。
ランチボックスを運び出す元気がない場合、Jazz Chorus様よろしくお願いします。

とぼけてCH-1にしようと思ったが、ここはCE-5にしようと押し入れよりOUT。
二軸はラビリンスだぜ。

ディレイは自分の演奏が寂しく感じたらONして、下手を誤魔化す用。

そして、fenderのストラップ。



カジノを操るにあたり、それに似合うレザーのストラップを買おうかと思ってたが、とりあえずコレでいいや!と。
ボロいが、ま、いいや。
機材関連  /  tb: --  /  cm: 4  /  △top

シェクター 

Epiphone Casinoに涌く私ですが、とりあえずシェクターの弦交換。



今回より使用する弦はこちらのロトサウンドのイエロー(010-046)。



いつも行く楽器屋で、いつも買うダダリオ(3PC入り)より少し安かったので購入。

「何かテンションがキツいな!」
と、思ったのだが、考えたらここ最近は半音下げばかりしてたので、きっとそのテンションに慣れていたんだなと気づく(違うか?)
なので、Casinoについてもそういう感覚になったのかな?と。
とりあえずはレギュラーチューニングにしとくが。

因みに、Casinoは実家に避難。
小さな子どもたちが私のいない間に何かやらかしそうで…。
(心配し過ぎなのはわかってますが、実際ギターの上に乗ったこともあるので…。)
機材関連  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

カジノ戻り 

ショップに改造をお願いしていた、エピフォン・カジノが戻ってきました。



ナット交換しました
ブリッジ駒交換しました。
その他調整(オクターブなど)しました。

ビグスビー取り付けには至らず(資金不足)。
ちょっとだけ機材売って貯金。

そんな現状です。
ノブが腕に当たって弾きにくいですが、気分は最高です。

追記

このギターの仕様なのか、010-046を張ってもらったからなのかわからないが、ちょっとテンションがキツイ感じがします。
弦のゲージを下げたいが010-046の在庫がまだあるので、ビグスビーよりも、まずマグナムロック交換が先なのかな?と。
(ビグスビーでも変わるか?)
巻き数が少しだけでも減ればテンションのキツさが抑えられる気がするのです。



と、知ったかぶりして語ってますが、本心は弦交換を楽にしたいだけ。
クルーソンにしたらビンテージ感やオリジナル感上がるかな?
機材関連  /  tb: --  /  cm: 4  /  △top