FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

リチャード・スターキー様 

1940.7.7 英国リバプール出身の小さいおじさん。
お誕生日おめでとうございます。

スポンサーサイト



音楽関連  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Sir. James Paul McCartney 

1942.6.18 英国リバプール出身のロックンロールベジタリアン。
お誕生日おめでとうございます、サー。

音楽関連  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ピンクスパイダー 

1964-1998

音楽関連  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

布袋さん 

高崎市江木町出身のロックスター。

音楽関連  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ボヘミアンラプソディ 

久々に映画を観た。
独りきりのレイトショー。
作品は、『ボヘミアンラプソディ』

クイーンは、高校生の時同級生に教えてもらい、それ以降ヘビロテではないにしろ、私の音楽人生に欠かすことのないバンドでもある。

一応ギター弾きとしては、ブライアンメイのファンではあるが、映画の内容としてはフレディーにフィーチャーした作品。
まあ、そうだろうさ。

なるほど、こんな人生だったのかと。
私生活は、まあ、持って生まれたものなので仕方ないのかな。

最後のライブエイドのところは感動した。
歌詞がね、単なるハードロックとは違う。
タイトルでもある、『ボヘミアンラプソディ』の一節、

「生まれてこなきゃ良かったと思うこともある』

とかさ、生まれてきた人誰しもが思うことなんじゃないかな。
生きている今が嬉しく感じつつ、いつか必ず死ぬことは分かっている苦しみというか。
やはり、フレディーはただ者じゃないな!、、というか人生にピュアで素直だったんだろうな、、と。
不器用というか。

エイズで声が出しづらい中、人生をかけて挑むライブでの熱唱は感動した。

やっぱりバンドはいいな。
ただ、映画を見ながら、あの時代だから出来たんかな?という寂しさも感じた。
今、バンド、、、ロックにあの力はあるのかな?
音楽関連  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top